パートでも借りれる

MENU

パートでも借りれるカードローン

主婦でパートタイマーの人で、お金が急に必要になった時に、キャッシング・カードローンを考えている人は、「パートではお金を借りれるところは少ない」と思っているかもしれないですが、

 

一部、消費者金融でも借入を受けることは可能ですし、低金利で借りれるところを探しているのであれば、銀行のカードローンで借りると方法もあります。

パートでも借りれるキャッシング・カードローン会社

パートでも借りれるカードローンを取り扱っているところは下記のようなところがあります。
※一部の大手消費者金融と銀行になります。他に借りれる場所がない訳ではありません。

パートでもお金を借りれる消費者金融
  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
パートでもお金を借りれる銀行カードローン
  • 新生銀行のレイク
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • りそな銀行

横浜銀行や信用金庫でもパートでも借りれるカードローンサービスを提供している銀行もあります。

 

借入をおこなうとき金利は限度額によって決定されますが、パートの場合は正社員に比べると離職率が高くなるため限度額は低く設定されることが多く、それに伴い金利も高くなります。

 

またパートの方は収入が限られているので借り入れをする時には返済シミュレーションを十分におこなってうえで支払い能力を超えない範囲で借りれるのが安全です。

消費者金融と銀行、パートで借りるならどっち?

パートが借りれるなら消費者金融or銀行カードローンどっちがいいのと思う方のために、三菱東京UFJ銀行とプロミスを例にしてパートでお金を借りるならどっちがいいかをご紹介。
まず申込み条件については、個人に安定した収入があれば申し込みができます。

 

三菱東京UFJバンクイックは金利が年1.8~14.6%、限度額の最高は500万円で、テレビ窓口で契約をすれば即日融資も可能です。
次にプロミスは金利が4.5%~18.0%で限度額は最高500万円で、来店不要のweb完結での手続きもできます。

 

また、プロミスでは初めて利用した人が申込みをして融資可能となった場合、30日間の無利息期間を利用できます。
なので30日以内に完済すれば利息は0円!

 

総じて見ると。銀行カードローンの方が金利低いですが、消費者金融でプロミスのように初めて利用特典があり、短期で完済できるのであれば、パート主婦の方は消費者金融の方にメリットがると考えていいでしょう。もし借入金額が大きくて数ヶ月いじょう返済に掛かるようなら金利が低い銀行カードローンを利用するといった具合です。

パートでも借りれるカードローンの選び方

銀行カードローンや消費者金融キャッシングは勤務形態に関係なく、安定した継続収入があれば申し込むことができます。

 

ただ、審査に最も有利なのは正社員なので、パートの方がカードローンを選ぶ際には自分の待遇について十分考える必要があります。

パートでお金を借りる基準

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングではパートでも申し込めるようになっています。

 

もちろん審査に通るかどうかは別問題で、職業や年齢や勤続年数、年収なども審査した上で審査通過することができます。消費者金融の場合は勤続年数が3ヶ月程度であっても審査に通ることがありますが、半年以上の勤続年数があればさらに安心です。

 

銀行カードローンは、銀行にもよりますが半年以上は勤務していた方が、より審査通過しやすくなるようです。また職業も安定した収入がある職業の方が有利で、水商売など安定性に欠ける職種は微妙かもしれません。

 

あと住居については持ち家のほうが当然ポイントは高いんですが、賃貸であっても居住年数が長い方が有利です。

 

年収については150万円ほどあるのが無難とされていて、それ以下になるとちょっと厳しいか借りれる限度額を低く設定されてしまう事があります。

 

あと信用情報機関に事故の記録が残っている場合は、たとえ年収が多くても審査に通るのは難しいので、いままでにクレジットカードの支払い遅延があった場合には、審査を通ること自体が厳しくなってしまうので、パートでお金を借りれるところを、今はさがしていない人も気をつけて置くべきポイントですね!

 

消費者金融の審査がゆるいってホント?

一般に銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査がゆるいと言われていまが、中には銀行カードローンの審査は通ったのに大手消費者金融の審査には落ちたという人もいますので、必ずしも消費者金融の審査はゆるい=パートの私でも借りれるとは考えない方が安全です。

 

消費者金融であっても、銀行カードローンであっても審査されるのは1人の人ですから、その人に問題があれば、ゆるいと言われているところでも審査通過はできないので、「全体をならしたら消費者金融の方が審査基準が低く設定されているらしい」ぐらいに思って、まずは自分の状況にあった会社を自分の目で確認してキャッシング・カードローンを利用しましょう^^