専業主婦でも借りれる

MENU

専業主婦でも借りれるローンって本当にあるの?

専業主婦は楽をしていると思われがちですが、ぜんぜんそんな事ないんですよね。

 

毎月の生活費の使い道を計算したうえでやりくりをして、掃除、洗濯、食事の支度までして、そこらのサラリーマンよりタスクは多いんじゃないかなんて思います。

 

ただ主婦をしていると、生活費をどんなに計算して使っていても、イベント毎や、子供の学校行事なんかで急な出費が連続すると、「あれ?今月の生活費すこし足りないかもしれない…」とピンチになったりしますよね。

ピンチ

そんな時に頭に思い浮かぶのは「専業主婦でも借りれるところはどこなの?」という疑問…
消費者金融は、自分に収入がないと借入ができないなど制約があるし、お金を借りれる条件は以外に厳しいんです。

 

だけど、借りれるところを知りたいという方に、私がオススメしたいのは銀行カードローン!
銀行系のカードローンであれば、ご自身の収入のない専業主婦でもお金を借りる事ができ信販系よりも金利が低く設定しているのもおすすめの理由のひとつです。

 

専業主婦でも借りれる銀行カードローン

銀行カードローンの中に配偶者(夫)に安定した収入があれば専業主婦でも申し込めるものがあります。
一度、審査申し込みをして通過してしまえば、お金を借りれる事になります。

 

数多くある銀行の中で専業主婦に優しい銀行は下記の3行。

専業主婦でも借りれる銀行
  • みずほ銀行のコンフォートプラン
  • 新生銀行のレイク
  • 三菱東京UFJ銀行のバンクイック

上記の各行は大手銀行になりますが、スルガ銀行や横浜銀行、常陽銀行などの地方銀行でも専業主婦が申込めるカードローンを設定しているところもあります。
いま使っている地元銀行にも実はあった、ということもあるので一度チェックしてみましょう!

 

銀行カードローンは、金利が低いとご案内しました、金利が低い分返済も毎月2,000~3,000円ぐらいで済ませる事もできるので、家計のやりくりで専業主婦でも無理なく返済していくことができます。

 

また、契約の際に配偶者の方の収入証明書といった書類も必要なく、自分の本人確認書類の用意ができていれば大丈夫です。

 

>>専業主婦の方でも借りれるおすすめカードローン!

 

よく専業主婦のかたで借りれるところは見つかったけど不安な事が…と思うのが「旦那の会社に確認の電話がいくんじゃない?」と心配している方もいますが、契約をするのはご自身になるので配偶者の会社に電話連絡がいくといった心配もありません。

 

「今月、思わぬ出費でお金が足りない」となった時でも内緒で安心して申込む事ができます^^

 

専業主婦でも借りれる消費者金融はある?

先にお伝えしておくと、消費者金融では、ご自身に収入がない完全な専業主婦の方は申込み審査で落とされてしまいます。

 

一部、大手ではない中小の消費者金融では申込み、即日審査という対応をしてくれるところもありますが、契約には本人確認書類の他に配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票戸籍抄本といった書類が必要になります。

 

会社によっては、ご主人の収入証明書も必要になります。

 

そうすると、やらなければいけないのが「旦那さんからの同意をもらう」という試練、夫婦仲に問題がなく、お金がない事をオープンに話せる環境であれば問題ありませんが、ご主人に内緒で借入をしたいという事でしたら、消費者金融ではなく銀行系のカードローンで審査を受けることを考えた方がいいと思います。

 

さらに収入がない専業主婦でお金を借りれるところを探している人に、消費者金融をあまりおすすめしない理由としては、大手のテレビCMなどもやっているところでは、まずありえないのですが、中小の消費者金融のなかには、知識のない専業主婦や学生をねらった「闇金業者」もいます。

 

特に必要書類の提出は必要なしで借りれる会社は、まず闇金と思って間違いありません。

専業主婦カードローンの選び方

次に専業主婦でお金を借りたいと考えている方に、どういった流れで銀行カードローンを選ぶべきかという部分についてご紹介していきます。

 

たとえば、今月の生活費が足りないとか、交際費や服を買うお金が欲しいけれど夫に相談できないというような場合です。
(かなりネガティブな設定だと思われるかもしてないですが、周りに聞くと意外に相談できない人は多いんです…)

専業主婦が内緒でお金を借りたい場合

もし、ご主人や家族に内緒で借りたいという場合はどこで借りるのがおすすめとご紹介したでしょうか?

 

…そうです!銀行のカードローンであればご自身の本人確認書類の提出で住むので便利なんでしたね。。

 

また契約時の連絡先も、自分の携帯番号にしておけば、自宅に電話がかかってくることもありませんので家族や旦那さんににバレずに借りる事ができます。
もちろん、旦那さんの勤務先に在籍確認の電話がかかってくることもありません。

 

また、復習になりますが、銀行カードローンは金利が低いので利息負担分を安く抑える事ができます。

 

一点、注意点とあげるとするなら専業主婦で無職という方は借りれる上限金額が低く設定されている事は理解しておきましょう。
といっても最高で50万円までなら貸してもらえるところもありますので、よほどの事がない限りを問題ないと思います。

 

配偶者の同意が必要なカードローン

消費者金融でも専業主婦でも借りれるカードローンがあり、審査も銀行に比べると緩めなので借りれる可能性が高くなります。
また、レディースローンといった女性に特化したローンもあり応対してくれるスタッフさんも女性が対応してくれるので安心で借金の相談もしやすくなっています。

 

ただ、こちらも契約時には本人確認書類だけでなく、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票戸籍抄本が必要になってきます。

 

それで、申し込みの前にご主人に相談する必要があります。相談しないで勝手に同意書を作成し借りようとすると私文書偽造の罪に問われることもあるので、必ずご主人の同意を得てくださいね。

 

レディースローンの最高限度額は50万円というところが多いので、専業主婦の場合は、それよりもさらに低くなると考えられます。

 

専業主婦でも借りれるカードローンに申し込む場合、金利が低く返済が楽な方がいい、内緒で借りたい、審査に不安が無い、限度額が高い方がいいということなら銀行カードローン、銀行カードローンの審査に自信がなく、多少金利が高くても返済できる、配偶者にも相談できるという場合なら消費者金融のカードローンという選択になるでしょう。

専業主婦が借りれる場所を見つけるポイント

POINT1 申込み条件を確認

消費者金融系、信販系のカードローンでお金を借りるには、年齢が満20歳以上で安定した継続収入があることが法律で決まられているので、
こういったカードローンの中には低金利ですが収入○○円以上といった条件を設定しているところがあります。

 

また学生、専業主婦、年金受給者でも申し込みできる会社もあれば、
専業主婦と年金受給者は申し込めないけど、学生はOKといったところもあります。

 

申し込み前には、条件を確認して専業主婦でも借りれるカードローンである事をまず確認しましょう!

POINT2 総量規制の対象か対象外の違い

消費者金融など貸金業者は、貸金業法でさだめられている「総量規制」によって年収の3分の1までの金額しか貸付ができなくなっています。

 

収入がない専業主婦は、当然申し込みをしても審査に通る事はありません。

 

ただ銀行系、信用金庫、JAのカードローンであれば、専業主婦であってもお金を借りる事ができます。

POINT3 審査がカードローンは厳しい

専業主婦の方で、お金を借りたいと思っている方にオススメなのは銀行系カードローンですが、
消費者金融と比較すると審査が厳しくなっています。

 

すでに他社からの借入をしていて、その数が3社を超えている場合、審査を通過するのは難しくなるかと思います。

 

審査に通る自信がないという方は、中堅の消費者金融が提携しているレディースローンを検討してみてください。
女性専用のローンなので、専業主婦の方でも比較的審査も甘めなので、お金を借りれる可能性があります。

上記のポイントをまずは押さえてうえで、失敗しないキャシングを行ってください^^

 

※最終更新日:2017年2月9日