消費者金融カードローン 銀行カードローン

MENU

消費者金融と銀行

同じお金を貸してくれる窓口としてあるのが消費者金融や銀行、信販会社、または国などから借りる方法があります。どれも「お金を貸してくれる」という部分では違いはないのですが、適用される法律や貸付ができる人への条件、金利や貸し方などが異なります。

 

ピンクの銀行

国から借り入れする場合は、生活保護の他にも学費や医療費の工面に困ったときに利用することもできます。金利もかなりの低金利で3%や無利子で、しかも保証人も不要で借り入れが可能です。申請窓口は基本的に社会福祉協議会ですから、もしお金に困っているのであれば社会福祉協議会から借り入れができないかどうかをまず、調べてみると良いです。
そして、公的融資を受けるのには条件が満たされてない場合はやはり、消費者金融や銀行の利用が一般的です。消費者金融も銀行もお金を貸してくれますが、適用される法律が違い、金利やサービスにも違いがあります。大きなポイントとして抑えたいのが「総量規制」です。

 

消費者金融には、総量規制と言って年収の3分の1までしか借り入れができません。という法律が適用されますが銀行は総量規制対象外となります。
総量規制は賃金業法と言って、賃金業者に対する法律で、銀行は賃金業者ではないので対象外となります。(総量規制については他ページでまとめてあります。参考にしてください。【総量規制について】サイト内リンク)

総量規制に以外のポイント

金利

銀行のほうが金利は安くなることが多く、消費者金融の方が高くなります。

即日融資

消費者金融の方が審査時間も短く、審査にも通りやすいので即日融資や急いで借り入れをしたい方には向いている商品です。

審査

銀行のカードローン審査は厳しく、消費者金融は緩やかな場合が多いです。

無利子期間

無利子期間を設けているのは消費者金融のほうが多いです。上手に活用してお得に借り入れすると良いです。

専業主婦(無職)でも借り入れ可能

総量規制対象外の銀行のカードローンでしか今は商品がありません。

パートやアルバイト向けのカードローン

比較的審査が緩やかな消費者金融のほうが利用がし易いです。審査も通りやすいのでお勧めできます。

消費者金融の穴

不安

銀行のカードローンは基本的に基板がしっかりしていますから、安心して利用できる商品がほとんどです。経営状態も安定していますから、審査にさえとおれば銀行のカードローンが低金利で安心して利用ができ、お勧めします。

消費者金融は数多くの会社があります。有名なアコムやモビット、アイフル、プロミスは大手の銀行などともつながりがあり、テレビコマーシャルやインターネット広告も多く出していて誰もが知っている業者ですし、安心して利用ができる業者の代表とも言えます。
また、上記の企業より規模が小さくなりますがアローやノーローン、ハローパッピー、フタバなども安心して利用ができる消費者金融です。
もちろん、この他にも多くの会社が安心して適正な金利や貸付条件で利用ができるのですが、消費者金融も規模が小さすぎたりすると会社の運営自体がうまくいっていなくて返済日まで時間があるのに、返済を早めるように催促されたり儲けをだすために上限ぎりぎりの金利で貸付をしていたりします。
最悪の場合はヤミ金融と言って賃金業者の登録もせずに貸付を異常なぐらいの金利で行っているヤミ金融の場合がありますから、注意が必要です。

 

消費者金融を選ぶときは、登録賃金業者情報検索で登録番号の確認や電話番号は携帯番号や050から始まる電話番号ではないかなど確認をしてから利用しましょう。