専業主婦 借りる

MENU
専業主婦で収入がありませんが借りれますか?

配偶者があり、その配偶者に安定した収入があれば借り入れすることは可能です。

オーケーサイン

本来カードローンは「安定した収入がある方」が借り入れできる商品ですが、専業主婦でも借り入れできるのは「総量規制」という法律があるからです。
総量規制の基本的な内容は年収の3分の1までしか借り入れができません。という内容の法律です。しかし、これには例外と除外される内容があります。

 

この場合、総量規制の例外として「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」が適用されますし、総量規制は賃金業者に対する法律です。銀行や信用金庫は賃金業者とならないため、専業主婦に貸付することが可能となります。

 

基本的に、専業主婦に貸付してくれるのは銀行や信用金庫です。総量規制が関係ないが大きなポイントです。専業主婦が借り入れできる金額はほとんどが30万円まででイオン銀行が50万円までという商品を取り扱いしています。申込時に配偶者の年収を証明する書類や、配偶者への在籍確認などがある商品もあるので、もしご主人に内緒で借りたいと考えている場合は、そういった点も考慮して申し込みや審査を受けるようにしてください。

在籍確認の裏ワザ。

管理人サエコが金融会社にいた時に「これは使える!!」と思った、配偶者への在籍確認がある場合に配偶者へ伝えておけばカードローンの申し込みだと思われない方法。

 

カードローンを申し込んだ際、配偶者に在籍確認の電話が勤め先にかけられます。
会社によって異なりますが、個人名での電話で、本人が電話口にでた場合は、個人情報の確認があります。生年月日や住所等を確認される場合もありますが、基本的には電話口にでればそれで確認が完了ですし、万が一、席を外していた場合でも「今、席を外していて、もうすぐ戻ります。」などと同じ会社の人間が言ってくれたら、会社に在籍していると確認ができたことになるので在籍確認は完了となります。

 

電話と女性

で、在籍確認の電話があることを配偶者に伝えるとき、「クレジットカードを作ったから会社に在籍確認があると思うよ」と伝えます。
これで完璧です。そしたら電話がかかってきてもカードローンとは思わず、クレジットカードを作った在籍確認だなと思い込んでいます。

 

・・・なんでクレジットカードを作ったの??なんて突っ込まれた場合「ママ友からお願いされて。旦那さんの会社でクレジットカード新規加入者のノルマがあるんだって。すぐにはさみ入れていいって言われたから」「クレジットカードを作って提示するだけで買い物で5%OFFになるんだって」「弟のお願いで・・・」なんて言えば問題ないでしょう。

 

専業主婦名義のクレジットカードを作る場合は、本当に配偶者に在籍確認がある会社もあるので、バレる事は少なくなります。
一番オススメなのは「弟の会社のノルマで新規加入者のノルマ達成パターン」がいいですね。カードどうした?なんて聞かれても「もう、はさみ入れて捨てた!」なんて言えば丸く治まりますし、身内のことだと配偶者もあれこれ言いにくい部分でもあります。弟や身内であれば口合わせの協力もしてくれる可能性が高いです。

 

配偶者にウソをつくことはよくないことですが、上手に立ち回りしてみてください。