闇金

MENU

闇金とは・・・

悪いやつ

闇金はヤミ金融などとも呼ばれていて、財務局や都道府県に賃金業として登録を行っていない賃金業者のことを言います。

本来、賃金業を営業する場合は、財務局や都道府県に届け出をして、登録をします。しかし、闇金の場合は登録もせずに営業をし、人権を無視した取立や異常なまでの金利で利用者からお金をとります。

 

闇金の主な特徴

・連絡先が090や050などの市外局番から始まらない電話番号しか書かれていない。「090金融」などと呼ばれていて、070や080などの番号もあります。固定電話の電話番号でない限り、闇金の可能性が高いです。またフリーダイヤルのみの業者も怪しいです。

 

・年利が1%や5%などかなりの低金利、しかも無利子期間がかなり長期間あるなど、どう考えても好条件しかないような広告を出している業者

 

・広告やホームページなどに賃金業登録番号の記載がない。「東京都知事(1)第12345号」←このような番号が財務局や都道府県に登録をすると交付されます。なので、公式に賃金業を運営している場合は番号があるはずです。ない場合は闇金の可能性が高く、また金融庁の公式サイトでは登録賃金業者情報検索サービスがあるのでそちらで本当に登録されている番号なのかを確認することができます。
【登録賃金業者情報検索サービス】
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

 

・賃金業者登録番号があっても出資法の制限を超える過剰な金利で貸付を行う業者も闇金です。登録番号があるから大丈夫というわけでもなく、ブラックリストの方でも貸付をします。などと困っている人を助けるかのようにしておいてあとから異常な金利条件を押し付けてくる事があります。
※出資法により、現在(2014年11月時点)では29.2%を超える金利は、違法行為となります。

近年のヤミ金融

お金

最近のヤミ金融は手口も凝っていますし、本当に騙されてしまう人もたくさんいます。その中のひとりにならない様に気をつけないといけません。ダイレクトメールや雑誌などの広告で集客をしています。

また、気をつけたいのが大手企業に似た社名を名乗ったり、勝手にグループ会社だとウソをついたり、勝手に大手企業のロゴなどを使って集客をしています。日本人特有の「大手企業だから安心」という隙間をついた方法で、気が付かず利用してしまう方もいますから、実際に借入をするときは何度も確認をしてから申し込みや審査を受けるようにしてください。

 

財務局などから無登録業者として公表されていて、社名に大手企業の社名などを使用していた例

・マツダファイナンス株式会社
・SBIマネープラザ株式会社
・株式会社興亜ビジネスサポート
・日立プロパティ株式会社
・株式会社アップル
・株式会社エイワ
・みずほダイレクト
・みずほファイナンス
・イオンクレジットホールディングス
・東芝クレジット
・日本信販ファイナンス  など。

 

「みずほ」と「イオン」系列と名乗っている悪徳業者は多く、「みずほ」の場合はみずほ銀行を連想しますし、「イオン」の場合はイオン銀行のイメージがぱっとでてしまい、安心してしまうところです。もしみずほ銀行やイオン銀行の商品を利用したい場合は公式サイトやお店や銀行に直接出向いて申込用紙などをもらい審査を受けると間違えがないです。
その他、JOMOやアリコ、三菱重機、ニッセンなどジャンルを問わず勝手に利用している場合があります。気をつけてください。

闇金を利用しない為に

闇金を利用しない為には、自己防衛が必要です。
自分の身は自分で守ることが一番大切です。申し込みをインターネットからするのであれば公式サイトから行ったり、比較サイトやランキングサイトで多く紹介されてる業者を選んだりすることも大切です。誰も紹介していないような業者は怪しいと思いましょう。
そして、必ず、上記で紹介した内容と一致しないかを確認して下さい。登録番号の確認はもちろんのこと、金利は数%でかなりの好条件でないか、電話番号は携帯やフリーダイヤルのみでないか。などよくチェックしてください。そして、大手企業のロゴや社名が使われているから安心と思わずに、その会社が本当に大手企業の子会社なのかをよく調べましょう。一番早く調べるのは大手企業のお客様相談室などに電話をかけて聞くと良いです。

 

お金に困っていて、誰にも相談できずに抱え込んでしまうと、ちょっと優しくしてくれた人にツイツイ頼りたくなります。そういった心のスキマに上手に入ってくるのが闇金です。
もし、お金のことで困っているのであれば、市町村役所では無料で相談ができますし、弁護士事務所などでも無料で相談ができる場所もあります。一人で悩まず誰かに相談することが闇金に引っかからない方法でもありますから、恥ずかしがらずに相談してみましょう。